トップページ > 2010 > 02 > sitemap

    カーセンサー







    ユーカーパック







    かんたん車査定ガイド







    ズバット車買取比較







    楽天オート








    中古車に限らず、インターネットでは売りたい車の査定金額をいっぺんに複数の企業に依頼可能な、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    利点が多いとはいえ、お店によっては幾度も電話がくるケースもあり得るので、自宅などに電話されるのが面倒な人は、買取業者とメールで連絡可能なサイトを選ぶとこのような事は回避可能です。

    インターネットを介して何時でも何処でも楽に中古車の価値を見積もり可能なのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    連絡先や査定したい車の情報を記載すれば一瞬で査定価格が複数の業者から寄せられて、現段階での売ろうとする車の査定相場を知ることができるのです。

    車以外の個人情報を入力するのが嫌だという時には、自分の名前を入力せずに査定を受け付けているサイトもあるようですから、それを利用すると良いでしょう。

    中古車を見積もる際の基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    このうち車のボディーと内装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、正直にハッキリと伝えましょう。

    先に述べた査定基準をチェックした上で、その車のオークションでの査定相場を考慮して、最終的な見積額を決定します。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら引取り額が低くなるのは避けられません。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、売却見積もりを依頼してもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、そこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと無料で出張査定に来てくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、査定額が高くなりがちだと言われていますが、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、どちらが良いとは一概には言えません。

    近年市販されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多数派となってきました。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限りプラスの査定が期待できます。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいて別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    かといって、車検が一年も残っていない状態では査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、ディーラーに下取りしてもらう方法、少々大変かも知れませんが自分でオークションに出して売ることも可能です。

    オークション出品の際には、車体の内外の画像や状態を説明する文章を可能な限り理解しやすく記載することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。