トップページ > 2011 > 03 > perjalanan-hidup-part-2

    カーセンサー







    ユーカーパック







    かんたん車査定ガイド







    ズバット車買取比較







    楽天オート








    注意して車に乗っていても自然に付く少々の傷やへこみ等は、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや明らかにへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で直しても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    中古車に限らず、インターネットでは買取希望の中古車の見積もりを同時に何社にもまとめて査定してもらえる、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    でも、査定してもらった会社の中には幾度も電話がくるケースもあり得るので、携帯などに電話がかかってくるのが嫌な場合には、連絡手段が主にメールのところを選べば良いのではないでしょうか。

    売却予定の車に傷などがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人修理することは止めた方が無難です。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、修理費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方がコストを抑えることができてしまうからです。

    中古車市場における自分の車の価値が、たった数分の入力でわかる中古車一括査定サイトといえば、上手に活用すれば非常に有益です。

    ただ、その性格上、やっかいなこととして営業マンからの電話攻勢を挙げる人は多いのではないでしょうか。

    勤務先の電話番号や業務の連絡にも使っている携帯電話などで登録したりすると、仕事に支障がでかねないので、注意が必要です。

    食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが良いのかもしれません。

    電話一つでも業者の性格が出るのです。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのは満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、よその会社の方が掛金が安かったり条件が良ければ、早々に乗り換えてしまうほうがユーザーには利があるということになるわけです。

    中古車一括査定や生命保険一括見積りのサイトなどと考え方は同じで、無料で利用でき、一度に多くの保険会社の掛金やサービス、保障内容を見ることができ、時間も手間も格段に減らすことができる点は魅力的です。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、住所地の変更などがあった時は必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    売却の意思が堅いのでしたら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    その場合は使える部品や部位については見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、車関連の話に限定されることなく売り買いをするうえでの重要項目です。

    サインと捺印をすれば、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    記載された中古車の状態は適切か、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、じっくりと確認することが大切です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずにスタッフに質問することも重要になってきます。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売却ができないということはありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されている必要があります。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、残りの債務を返済しつくすまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。